新大久保韓国語レッスン

省略できる『의』、省略できない『의』

基本:韓国語は日本語程「의」を使わない. 

 

●省略出来る「의」:を挟んで「AB」関係で

         Bが上、下等位置を指す言葉や

         Aの付属の場合、

         またBがAの素性を説明して

         「の」がなくても一つの単語として

         扱っても日本語的にも違和感のない言葉は

         省略できる。

 

 例 1.建物の前、机の下、頭の上等の位置

    ・건물 앞, 책상 밑, 머리 위

         2.机の引き出し、ドアの取っ手、駅の駐車場等物の付属

    ・책상 서랍, 문 손잡이, 역 주차장

         3.学校の先生、会社の社長、昔の恋人など人の素性

    ・학교 선생님, 회사 사장, 옛날 애인

   4.会社の仕事、韓国の文化、韓国の政治等物事の素性

            ・회사 일, 한국 문화. 한국 정치 

   5.経済の発展、社会の安全など

    後の単語が前の単語の目的語な素性

            ・경제 발전, 사회 안전

 

省略出来る上記の言葉に「의」を入れると

 強調・明記する意味となる。

 

●省略できない「의」:

 日本語と同じように

 沈黙の空(침묵의 하늘)、

   お父さんの柔軟な態度(아버지의 유연한 태도)など

 BがAの比喩や状態を説明したり

 

 最高の喜び(인생의 기쁨)など

 AがBを修飾して説明する連体形など

 

 の」を省略したらBとAが一つの単語として

 成り立たない言葉。