新大久保韓国語レッスン

✤ 永遠のミステリ아무と 누구の違い

 

基本

 

●누구:知らない、特定出来ない、3人称複数の人

 

●아무:知っている、ある程度特定出来る、3人称単数

 

解説

 

아무と누구は特定しない人か、特定出来る人かの違いがありますが


会話の中では殆ど意識せず使っています。


しかし決定的な違いは後に来る助詞によって


その使い方を分けないといけないのです。

 

※누구나 할 수 있지만, 아무나 할 수는 없다。

 ⇒誰でもできるが誰もが出来る事ではない

 

1.助詞が『나 』

 

 아무の後に나が来ると『否定』でも『肯定』でも使えるが

 누구の後に나は『肯定』しか来ない。

 

●아무나 할 수 없어요(0)

 

●아무나 할 수 있어요(0)

 

●누구나 할 수 있어요(0)

 

●누구나 할 수 없어요(×)

 

2.助詞が『도』

 

누구の後に도が来ると『否定』でも『肯定』でも使えるが


아무の後に도は『肯定』しか来ない。

 

来ると『否定』しか来ない。

 

●누구도 할 수 없어요(0)

 

●누구도 할 수 있어요(0)

 

●아무도 할 수 없어요(0)

 

●아무도 할 수 있어요(×)

 

練習問題

 

・그 일은 까다로우니까 (아무나, 누구나) 할 수 없을 거예요.

 

・그 일은 쉬우니까 (누구도, 아무도)할 수 있어요.

 

その他

 

●誰かいますか?

 

・누구 계세요?(0)

 ⇒知らない、特定出来ない、複数の可能性があるから

 

・아무 계세요?(×)

 ⇒아무 の前提が崩れる。

 

●(何人いる中で)誰か来て下さい

 

・아무나 와봐요(0)

 ⇒知っている特定出来る人の中で一人を呼ぶ時だから

 

・누구나 와봐요(×)

 ⇒何人いる中で呼ぶのに釣り合いが合わない

 

●(特定しない)誰でも来ても良いです。

 

・아무나 와도 돼요(0)

 

・누구나 와도 돼요(0)