新大久保韓国語レッスン

✤理由の表す아서/어서と니까の違い

理由の表す「-아서/어서」と「-(으)니까」の違い

基本

●「-아/어서」は客観的、曖昧な理由

●「-(으)니까」は主観的、断定的な理由

解説

●「-아/어서」と「-(으)니까」を比較すると

 1.「-아/어서」が客観的な理由を言うのだから        
  平叙、疑問文には客観的な理由でも主観的な理由でも


  関係なく使えるが


  勧誘、命令文には客観的理由より主観的な理由を言うのが


  その理由がはっきりさせるから「-(으)니까」を使う。


  だから人を誘う『ㄹ/을까요?』,『ㄹ/을래요?』も使えない   
 
 2.お礼や謝罪表現に「-(으)니까」を使うと意味的に


  強すぎ,嫌みに聞こえるから「-아/어서」を使う。
  
例:
1.平叙、疑問 ,勧誘、命令

●날씨가 좋아서 산에 갔어요.(?)    平叙、疑問 (0) 

●날씨가 좋으니까 산에 갔어요.(?)  平叙、疑問 (0)

●날씨가 좋으니까 산에 갑시다.(가세요) 勧誘、命令 (0)

●날씨가 좋아서 산에 갑시다.(가세요) 勧誘、命令 (×)

●날씨가 나쁘니까 집에 있을까요? 勧誘 (0) 

●날씨가 나빠서 집에 있을까요?    勧誘(×)

2.お礼や謝罪表現

●늦어서 죄송합니다.(0)
 
●늦었으니까 죄송합니다.(×)


 ⇒断定的な理由が強いから遅れた理由だけが


  謝る理由となるとなり、嫌みとして聞こえる。

●와 주셔서 감사합니다.(0)

●와 주셨으니까 감사합니다.(△)


 ⇒断定的な理由が強いから有難い理由が来てくれた事だけは


  嬉しいよと言う表現となるから、嫌みを言う時にだけ使いますが


  なるべく使わないようにするのが一番無難ですね。